• 256月

    オーディオシステムをリセットして余ってしまったB&W DM303ですが、やっぱりそのままにしておけず、Toppingのデジタルアンプ「TP21」を引っ張り出してきました。

    th_DSC02820_LR6

    ToppingもB&Wも高域がキツそうなイメージがあって、合わないかなと思いつつ、とりあえず繋いでみたんですが、意外とそうでもありません。
    スピーカーケーブルにQED SILVER ANNIVERSARYを使ったのが相性良かったのかな?
    あと、TP21側にはFURUTECHのロジウムメッキのバナナプラグを使ってあります。
    単純に端子の間隔が狭いのでショートが怖かったのと、このバナナプラグ、固いケーブルだとネジの長さのチョイスが難しく、使いづらくて出番がなかったというのもあります。
    考えてみたら、システムの中でこのバナナプラグがいちばん高いくらい(さすがにそこまでではない)かもしれませんね。

    入力は1系統しかないので、Marantz CD-17Daのアナログ出力をLINN Black Cableで入れておきました。
    PCとつなぐのに付録のUSB-DACやDigiFiアンプを使おうかとも思ったのですが、意外にもTP21が使えたので、ひとまずこれくらいで良いかな。
    本気で聴くため、というよりは、ただ鳴らせれば良い、くらいに考えていましたが、意外にそこそこ使えそうです。
    メインシステムの検証用とか、機材のテストの時などに活用しようかなと思っています。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/06/25 12:00 pm | Topping TP21を引っ張り出してきた はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.