• 237月

    CDプレーヤーの弱さが露呈したので、これは買い換えないとダメか?と思ったのですが、物は試しとリビングで使っていたSONYのCDプレーヤー「CDP-557ESD」を持ってきてみました。

    th_DSC03071_LR6

    アルミダイキャストのドライブメカは今でも絶好調ですが、なにしろ1987年発売ですし、ちょっと重い(18.5kg)ので躊躇していましたが、CDトランスポートとしてはやはりかなりの実力のようです。
    むしろ、デジタルケーブルの差もより明瞭に分かるくらいで、そこはCDプレーヤーの違いもさることながら、プリアンプが変わって細かな違いが非常に分かりやすくなったというのもあるようです。

    SONY DSC

    最初はCHORD Signature Digital RCAを使っていましたが、これは高域の艶が美しいのが特徴的でした。

    ACOUSTIC REVIVE COX-1.0tripleC-FM

    ただ低域の厚みがもう少し欲しく、ACOUSTIC REVIVEのCOX-1.0tripleC-FMにしたところ、こちらは骨太さが魅力です。
    また、ATOLLの側の問題もあるのか、以前から好結果が出やすいAccuphaseの光ファイバーケーブルも安定感という点では耳障りも良く、捨てがたいものがあります。
    ということで、ACOUSTIC REVIVE COX-1.0tripleC-FMとAccuphase LG-10の2本使いにして、使い分ける形にしました。

    th_DSC03073_LR6

    ちなみにリビングはMarantz CD-17Daを移動させたわけですが、こちらはARCAMのDACがしっかり個性付けしてくれるのと、アンプもLINN MAJIK-ILに強化されたこともあり、わりと良いバランスで鳴ってくれているようです。

    これでCDプレーヤーは慌てて導入する必要はなくなりましたから、まずはMCカートリッジ、それからのんびりパワーアンプという順番で探していくことになりそうです。
    そうは言っても出物次第では順番が変わってしまうかもしれませんけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/07/23 12:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は。

    リンクが貼られた555ESAは以前に使っていたので懐かしいですね。色々と解像を始めたのはこの機種からで、何かと思い出があります。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    555ESAは1991年ですから、だいぶ新しいですね。
    うちの557ESDも改造したりすれば、もっと良くなるのかもしれませんね。
    ただ、ピックアップもいずれは限界が来るでしょうし、今すぐとはいきませんけど、そのうちもうちょっと新しいモデルに乗り換えるかもしれません。

    ひとまずプリアンプが治ってから、ですけどね。