• 298月

    Sonus FaberからVenereシリーズの最上位スピーカー「Venere Signature」が9/1に発売だそうで。

    そのわりにはまだ通販などに掲載されていませんが、受注生産だから、というのが関係しているのかな?
    お値段はペアで79万円(税抜)ですから、ソナス・ファベールとして考えればそれほど超高級というわけではありません。(完全にオーディオマニアの麻痺症状。)

    デザインは現代的なスタイルですが、ソナス・ファベールらしい木の美しさを追究した感じというよりは音のための配慮を優先しつつ、コストはそこそこに抑えるような仕上げのように思えます。
    重量も28.8kgとそう重くないですが、高さは1236mmもあるので、数字だけ見ると倒れやすそうな気もしますけど、台座がしっかりしてるから平気なんでしょう。

    ユニット構成はウーファーユニットが18cmと小さいながら3本使ってあって、かなり大規模な雰囲気を感じさせます。
    ウーファーがアルミコーンで、ミッドレンジがCurvコーンという本機専用のもの、ツィーターはクルトミューラーのソフトドームと、素材は多彩ですが、ソナス・ファベールらしく、音楽性高くまとめた感じでしょうか。

    またバフレフポートはキャビネットの底面に配置されてるそうで、ウーファーはしっかり3本ありますから、量感を増すためというよりも背圧抜きという感じなんでしょう。
    受注生産モデルということで試聴しづらそうな気もしますが、最新のソナス・ファベールも聴いてみたい気がします。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/08/29 12:00 pm | Sonus Faber Venere Signature はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.