• 033月

    スピーカースタンドのネタが続きますが、DALIのスピーカーに特化したらしいスピーカースタンド「SDA6.5DALI」というのが輸入元のD&Mから出るそうで。

    DALIから出ているわけではなく、スタンド自体はSOUND ANCHORS製とのこと。
    バナナプラグとかはDALIから出てるわけですし、スタンドこそ自社銘で出したほうが売れそうですけどね。
    ただ、しっかりDALIを意識した内容になっていて、中でも165mm径ウーファ搭載のスピーカーに特化したものだそうです。
    床設置の場合にツイータが耳の位置とほぼ同じになるようにしてるそうですが、そこはまぁ聴く人の座高や椅子の高さにも依存しそうですけどね。
    なお、組み合わせに最適なのは以下のスピーカーだそうですが、1本で4万円弱のスタンドですからやっぱりそれなりの価格帯との組み合わせになります。

    EPICON 2
    HELICON 300MK2
    MENTOR 2
    IKON 2MK2

    耳の位置とスピーカーの高さというのは経験的にも結構重要な印象で、ちょっとした高さの違いでも印象がずいぶん変わります。
    また、スピーカーの内・外の向きも音場感にかなり大きな影響があります。
    DALIの場合はいわゆる内振りではなく、両方のスピーカーとも正面を向く配置を推奨していますが、我が家でもどうもそのほうが良いようです。
    ボーカルものではやっぱりちょっと内振りしたほうが音像は整うんですけど、オーケストラなどの大編成なものだとこじんまりし過ぎてしまいますし、高域のバランスも悪くなるケースがある印象でした。

    スピーカーやスタンドなどの機材はもちろんですけど、こういうちょっとした配置もオーディオならではのこだわりポイントでしょうか。
    あんまりやりすぎると音楽を楽しむはずが分析的に音を聞いてしまいがちになるので、バランス感覚が必要ですけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/03/03 12:00 pm | SDA6.5DALI はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.