• 2911月

    M2TECHからようやくDDC「hiFace Evo」の後継モデル「Evo Two」が12月下旬に登場するようで。

    外部クロック入力や外部電源端子を備える辺りはhiFace Evoと同じで、Evo Clock Two、Evo Supply Twoも用意されています。
    入力はUSBに加えて同軸デジタルも用意され、同軸デジタルのほうはPCへの取り込みにも使えるとのこと。

    そして出力は同軸、光、AES/EBU、それにI2SがHDMI端子となっています。
    このI2SのHDMI端子は、PS AudioとFIDELIXなどとの互換性も持ち、11.2MHzまでのDSDにも対応するとのこと。
    この規格が他社にも広がってくれるとうれしいところです。
    なお、PCMもI2Sのみ384kHz対応で、それ以外は192kHzですから、やっぱりHDMI接続がこの機器を生かす要でしょう。

    Mac OS XではInteger Modeのサポートが謳われていて、海外サイトではドライバ配布はWindowsのみですので、MacはOS標準ドライバで動作するということでしょう。
    あと、リモコンが追加されたのも新しいところですけど、DDCではそんなに使わない気もしますが…。

    お値段はEvo TwoとEvo Clock Twoが75,000円、Evo Supply Twoが60,000円です。
    価格も考えるとやっぱりDSDを活用してこそ、でしょう。
    今後のDACでのI2S端子搭載の増加に期待したいところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/11/29 12:00 pm | M2TECH hiFace Evo Two はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.