• 1712月

    ION AUDIO(アイオンオーディオと読むらしい)からヘッドフォン端子からスピーカーまで内蔵した、まさにオールインワンなレコードプレーヤー「Max LP」が出ています。

    私のようなオーディオマニアからすれば、「ターンテーブルにスピーカーなんか付けてハウリングは大丈夫か?」とか思ってしまうのですが、手持ちのレコードを気軽に聴きたいというニーズには最良の機材かなと。
    実は前回の出張時、立ち寄った家電量販店で安めのレコードプレーヤーに興味を示しているご年配の方を結構何度も見かけたんですよね。
    きっと若い頃に聴いたレコードをまた聴いてみたいと思ったけれど、今あるコンポへの繋げ方も分からないし…という雰囲気が店員さんとの会話の間からひしひしと伝わってきました。
    そもそもフォノイコライザー非内蔵のコンポも多いでしょうし、配線だって大変ですからね。

    これの前モデル「Archive LP」もそのお店には置いてありましたが、これはヘッドフォン端子はありませんでした。
    その点、このMax LPは昔のポータブル電蓄と同じく内蔵スピーカーでも聴けますが、ヘッドフォンでも聴けるというのが良いですね。
    もちろんコンポとの接続もRCA端子で可能ですし、Archive LP同様にUSB経由での取り込みまでできて、さらにお値段のわりにはデザインも安っぽすぎないですし。

    厳密に見ていけばカートリッジはセラミックですから、とても本格的とは言えないわけですが、オーディオマニアの私から見てもこれはこれでアリかなと。
    オーディオメーカー各社からもフォノイコライザー内蔵モデルは最近、結構出ていますが、ぜひヘッドフォン端子は搭載したら良いと思います。
    そうすればまさにそれ単体で聴けますし、それこそヘッドフォン端子にTW-D6TVのようなパワードスピーカーを繋いで、といった提案もできるのに…と。
    もちろん、ION AUDIOから上位モデルが出ることも期待したいですね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/12/17 12:00 pm | ION AUDIO Max LP はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.