• 158月

    先日、「Accuphase Special Sound Selection 2」をゲットしたばかりですが、機材の調整に重宝しているのでいつか3も欲しいなぁと眺めていました。
    するとかなり安めになってるものを見つけたので入札してみると何故かあっさり落札できてしまいました。
    そんなわけで「Accuphase Special Sound Selection 3」が手元に…。

    今回は新品未開封で、2はSACDハイブリッド盤でしたが、今回の3はCDとSACDシングルレイヤーの2枚組となっています。

    2枚組といっても内容は同じなんですが、どうやらマスタリングは個別にされているそうで、たしかに聴いてみてもCDのほうは16bitの中で力強く、SACDのほうはより情報量豊かに穏やかなマスタリングがなされているように感じます。

    今回はキングレコードからの抜粋といった形で、あくまで私が感じるところではありますが、曲目としては2のほうがチューニングしやすい抜粋のされ方かなと感じます。
    今回のもののほうが普通に聴いて楽しみつつ確認するような位置づけかと。
    それでもリベルタンゴなどはなかなかオーディオマニア好みの演出が入った楽曲で、ついアルバムが欲しくなったほどです。
    残念なことに市販のほうはCDのみでSACDで出ていないようなのが残念ですけど…。

    あとは以前も書いたように入手性が良くなくて、どうしてもプレミア価格(そもそも非売品)になってしまいがちなのが難点でしょうか。
    試聴会などでプレゼントされたり、店舗でAccuphase製品を購入した時にオマケで貰えたりするようですが、これなら普通に買いたい方も結構多いのではないかと。
    ちなみに今回は2枚組ですし、CDのほうは父親に譲ろうかなと思ってるところです。
    あとは1が入手できてませんが、さすがのAccuphaseマニアでもそろそろ良いかなぁ。
    そう言いつつも一応ウォッチはしておきますけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2017/08/15 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.

重要! スパム対策のため、下の計算の答えを書いてね。

8 たす 2 は?
Please leave these two fields as-is: