• 036月

    いつの間にか「アナログレコードはじめてBOOK」の第二弾が発売になってるようで。

    前回以上によりカジュアルに、アーティストたちも登場したりして、レコード自体やプレーヤーの選び方を解説する内容になっています。
    目次としては以下のような感じだとか。

    ●序文:アナログが熱い!
    ●OKAMOTO’Sが選ぶ、はじめての一枚
    ●吉川友と選ぶ、最初の一台、何を買う?
    ●レコードプレーヤーのセッティングを教えてもらおう
    ●ホリエアツシ(ストレイテナー)とレコード
    ●レコ屋放浪記~京都・大阪編
    ●沖野修也アナログを語る
    ●アナログライフ!
    ●レコード作っちゃおうよ!QRATESで。
    ●ダブプレートの世界へようこそ
    ●大人の工場見学~JICO編
    ●audio-technicaでカートリッジを聴き比べてみた
    ●せっかくならレコードもオシャレに収納したい!宮脇詩音
    ●はじめてのレコード何で聴こう?
    ●YOUは今日、何を買ったの?
    ●レコードだったカッコよく持ち歩きたい! READY TO KISS
    ●アナログレコードライフをもっと楽しくさせるアイテムたち

    JICOへの見学というは面白いですが、オーディオマニアとしてはあえて品川無線にインタビューに行く、とかのほうが面白いんですけど、それではアナログレコードの裾野を広げることにはならないですね。
    また、Bluetoothで聴けるというION AudioAir LPもチラッと紹介されてるようですし、実際のショップでもIONのプレーヤーはホントに良く見かけるようになりました。
    最初の一歩はアレで良いと思いますが、ぜひ次の一歩の紹介をするような本も出して欲しいなと。
    次回作があるなら「アナログレコード聴き惚れBOOK」みたいな名前でぜひ。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/06/03 12:00 pm | アナログレコードはじめてBOOK2 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.