• 226月

    先日、みんぽすさんからお借りしたヘッドセット「MetroFi 220vi」ですが、
    今回はiPhoneでの通話について、書いてみたいと思います。

    このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

    • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
    • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!

    「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちらみんぽす

    まず通話を始めた途端に気になったのは、「両耳に付けると自分の声が
    ほとんど聞こえない」という点です。

    カナル式ですから、しっかり耳にフィットしたイヤーピースを選べば、
    外部の雑音がしっかり聞こえなくなるのですが、考えてみれば、それは
    自分の声とて、同じことなんですよねぇ。

    もちろん、骨伝導されてくる声は聞こえますが、これだと違和感があって、
    どうも通話に集中できません。
    結局、片耳を外して話すことになってしまいました。

    慣れれば大丈夫なのかもしれませんが、このあたりはケータイ側で
    自分の声を少しだけフィードバックするような仕掛けがあったら良いかなぁと
    感じました。

    通話時の音質については、ケータイ側の通話品質の低さが、やや目立ってしまう
    印象です。
    性能的にオーバースペック、というのが率直なところかと思います。

    逆にマイクのほうは、比較的周辺の音も拾うようですが、思ったよりも歪みやすく、
    こちらは逆に「オマケ」な感じなのかなぁ?と感じます。

    形態としては明らかに「ヘッドセット」なのですが、音質や遮音性、各箇所の
    品位のバランスなどを考えると、「ヘッドホン」としての部分に重きが置かれて
    いるのかな?という印象です。

    なお、念のため、ボイスメモを使って、iPhoneの内蔵マイク、付属ヘッドセット、
    そして、MetroFi 220viの各マイクでテスト録音もしてみました。

    外部の音をどの程度拾うかもチェックするため、テレビの音声をバックに
    流しておきました。
    結果としては、音量の差のせいもありますが、MetroFiが一番歪みが
    多いように感じます。
    iPhone本体は逆に音量不足気味で、付属ヘッドセットが一番良いように思います。

    もちろん、マイクの位置や装着の仕方などで、結果は変わると思いますので、
    あくまでも参考ではあります。

    この音声をアップロードしたかったのですが、うちのレンタルサーバは動画や
    音声を置けない規約になっています。
    色々調べたのですが、あまり良い置き場所がなかったので、「こえ部」という
    ところに置いてみました。

    一番上からMetroFi、内蔵マイク、付属ヘッドセットの順です。
    タイトルが変えられないので分かりづらいですし、やる気のかけらもない
    短いしゃべりですが、こちらも参考まで。(^^;

    Filed under: Mono Fellows
    2009/06/22 10:00 pm | MetroFi 220vi レビュー 通話編 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.