• 0910月

    海外で発売されるという噂が出ていたPlaystation3の低価格版が
    10/10からヨーロッパで発売されるのが決まったようで。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071009/scee.htm

    お値段は399ユーロですから、日本円だと65000円くらい。
    まぁ、ヨーロッパは高めの設定ですから、もし日本で発売に
    なったら、4万円台くらいになるんでしょうね。

    安くなった分、色々と削れるだけ削った、という感じで、USBが
    2ポートになったり、メモリーカードスロットの省略、そして、個人的に
    一番気になっていたSACDの再生機能がなくなっています。
    おそらく、ドライブをBlue-Ray専用のものに変更してコストダウン
    したんでしょうねぇ。

    ゲームのほうもPS2との互換性がなくなっています。初代PSとの
    互換性はあるということで、そっちのほうこそ、要らないんじゃないの?
    という気もしますけどね。

    HDDの容量が小さくて良いなら、20GBモデルの中古狙いが
    良いのかも。

    B000JJBO2K PLAYSTATION 3(20GB)
    ソニー・コンピュータエンタテインメント 2006-11-11

    by G-Tools

    SACDについては音質の評判も結構良かったので、かなり残念です。
    単体の対応プレーヤーを買ったほうが良いのかもしれませんが、
    まぁ、SACDの普及自体、これでなくなったかもしれないですねぇ。


    【送料込み・限定特価】SONY SCD-XE600 SACD/CDプレーヤー

    Filed under: Game
    2007/10/09 3:11 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    SACD、数枚持っていますが、普通のCDプレヤーしかもっていないので、CDとしてしか聴けません。SACDのいいところは、2層になっていてCDとしても聴けることだと思っています。一方、DVD-Aは専用プレヤーがないとダメなので、レコード店では、あまり見掛けなくなった気がします。

    しかしながら、SACDとDVD-Aも、残念ながら、現在のインターネット経由によるmp3ファイル等の手軽な購入に負けてしまうと思っています。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    SACDはハイブリッド盤が多いですよね。

    まだまだプレーヤーの完成度も上がっておらず、
    意外とソフトウェア処理のPS3は健闘していたので、
    興味を持っていたんです。

    非可逆圧縮フォーマットもサイズの大きさを考えると
    悪いとは言えないのですけどね。
    ただ、JPEGもしかりですが、そろそろ上位のフォーマットに
    移行する時期に来ているように思うんですよね。

    PS3の普及機は結局、Blue-rayの普及だけを進める
    ことになるようですね。
    廉価モデルが日本で売れるのか、微妙な印象ですけれど。

  • shigechan Says:

    ども、今晩は。
    SACDの生音と圧縮音源とでは、生々しさというか躍動感が全く違いますよ。
    最近はSACD盤の楽曲をiPodへ入れる時に、SACDアナログ出力→A/D
    コンバータ→PowerMacの経路で処理しますが、たまに生音を聴くとびっくり
    します。

    SACDと16bitCDも違いがあります、若しくは大きな違いのあるディスクが
    存在します。
    例えばMiles DavisのKind of BlueのSACD盤と16bitCD盤(SBM処理した
    ゴールドディスク)を聴き比べると、テナーサッックスがブイブイと
    ブローした時の音圧レベルが全く異なります。16bitCDではALCや
    AGCが効いて音圧が抑制される部分がありますが、SACD盤ではその
    様な不自然さはありませんでした。

    ブルーノ・ワルター&コロムビア交響楽団の”田園”はご丁寧にディスクを
    3枚も持っていますが、こちらは明確な聞き分けが出来ません(^^ゞ
    歳のせいで可聴域が狭まって、聞き分けられなくなった可能性もありです。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    PS3についてはソフトウェアのバージョンアップで
    かなりSACDの音質が向上したという噂を聞いていたので、
    安価なプレーヤーとしても興味を持っていただけに
    今回の件はちょっと残念です。

    圧縮音源でもデータ量を同じだけ使えば、また違った
    評価が生まれるとは思うんですけどね。
    今のMP3ではデータ量があまりに少なすぎますからね。

    SACDの良さを活かしたソフトがたくさん出ると
    再評価されるのかもしれませんが、そこにやる気を感じる
    エンジニアさんが今は減ってるのかもしれません。

    私も引っ越してから、まだピュアオーディオのほうは
    配線をしてないくらいなので、大きなことは言えませんが、
    もう少しオーディオの世界も活気を持ってほしいなぁと
    思っています。