• 151月

    久々にフィルムの現像が仕上がってきました。
    まずはリコーのレンジファインダー機「RICOH 300」です。

    実画像サイズ 434 x 640 ( 86 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    最高シャッタースピードが1/300秒と、かなり遅いので、フィルムは
    ISO100を入れました。
    露出計と勘で撮りましたが、全般に露出がややオーバー気味な
    印象でした。
    1/300秒を主に使いましたから、実質1/250秒くらいしか出てないのかも。

    実画像サイズ 402 x 640 ( 60 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    描写は絞り込みがちだということも功を奏して、非常にシャープで
    コントラストのしっかりした画です。
    富岡光学のレンズですから、古いカメラとはいえ、描写はなかなかの
    ものだと感じました。

    その後の「GR1」に続いていくリコー独特のこだわりを感じる、良質な
    カメラだと思います。


    RICOH GR1S (シルバー)《中古カメラ》

    あと、もう1枚、大きな写真は「MacBSのPhoto Life」のほうにアップ
    しましたので、よろしければ、そちらもぜひご覧ください。
    http://macbs.blog18.fc2.com/blog-entry-19.html

    Filed under: FilmPhoto
    2008/01/15 10:29 pm | RICOH 300、現像上がり はコメントを受け付けていません

Comments are closed.