• 3012月

    なんだか久しぶりに現像に出した感がありますが、キヤノンの
    一眼レフ「PELLIX」の現像が仕上がってきました。

    実画像サイズ 421 x 640 ( 47 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    このカメラ、一眼レフですけど、ミラーが固定という変わったカメラです。
    ペリクルミラーっていう2/3透過の薄膜が使われてるんですよね。

    ということで、58mm F1.2のレンズを使いましたが、ファインダーへの
    光は1/3ということもあり、かなり暗くてピントは少し合わせづらかった
    です。

    実画像サイズ 414 x 640 ( 50 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    色合いはなんとなく全般に緑が強くなる傾向がありました。
    これはミラーの透過率と関係があるのかな?

    ここ最近のCanonとは違い、地味な発色で、少し違った印象を
    受けます。

    実画像サイズ 416 x 640 ( 41 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ミラーアップがない分、音が静かかといえば、全然そんなことは
    ありません。
    ただ、ショックは少ないので、手ぶれはしづらいかもしれませんね。
    スローで切っても被写体が消失しませんし。

    デジタル一眼こそ、この方式、結構面白いと思うんですけどね。
    ライブビューも作りやすいと思いますし。

    一本目を撮った時はカウンターが壊れていたので、途中で
    巻き戻してしまいました。
    今はもう修理したので、次回はたっぷり撮ってみたいなぁと思わせる
    一台でした。

    他の作例は下のページに置いておきましたので、よろしければ
    ご覧くださいませ。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_pellix.htm

    Filed under: FilmPhoto
    2007/12/30 8:17 am | Canon PELLIX、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.