• 101月

    うちにあるバルナックタイプのレンジファインダー機、ライカ製
    ではないですから、いわゆる「偽ライカ」ですね。
    この2台を比較してみました。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 34 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 720 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    左の「Leotax K」はスローシャッターこそ省略されているものの、
    ライカに限りなく近い意匠をしています。
    Leotaxという名前もLeicaとContaxの組み合わせじゃないかという
    説もあるくらいですからね。

    かわって右の「YASHICA YE」はニッカを買収してそのままヤシカの
    名前で出したモデル。

    年代的にも4年くらい、こちらが新しいのもあってか、だいぶ「独自性」が
    出てきてます。
    それでも、NikonやCanonのような独自性ではなく、微妙ですけれど。(笑)

    巻き上げがレバー式になってるのが大きな違いですね。
    フィルム巻き戻しの操作もレバーからボタン式になってます。

    奇しくもレオタックスとニッカは、バルバックタイプのコピーでは二大勢力
    とも言えたものですね。
    まぁ、うちにあるくらいなので、廉価だったのも売れた理由でしょう。

    レオタックスはトプコン、ニッカはニコンのレンズが、大抵標準装備
    されていたのも、戦時中の陸軍、海軍の違いのようで面白いです。

    偽ライカとはいえ、この時代のものは作りも良いですし、持ってて
    ついニヤニヤしちゃう魅力があります。

    もちろん、ライカも魅力的ですが、飾りになるくらいなら、こういう
    偽ライカでバンバン、写真を現役で撮ってあげたいですね。

    4562037644 偽ライカ同盟入門
    田中 長徳
    原書房 2005-03

    by G-Tools

    Filed under: FilmPhoto
    2008/01/10 10:25 pm | 偽ライカ比較 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.