• 286月

    昨日、自転車がパンクしているのに気付いたので、以前のように
    自分でパンク修理をしてみました。

    なにしろ暑い上にチューブの継ぎ目っぽいところに穴があったので、
    補修用のゴムがなかなかくっつかずに、かなり手間取りました。

    そして、今日になって、ちょっと出かけていたら、途中でまたパンク。
    帰ってから再び外すと、補修したゴムがすっかり取れてしまっていました。
    接着剤の強度が弱いんだろうなぁ。

    とりあえず、できるだけ丁寧にまた接着しておいたけれど、これで
    治ってくれれば良いのですが…。

    結構頻繁にパンクするようだと、修理剤も用意しておいたほうが良いかも
    しれません。
    これはこれで強度は大丈夫なのか、心配ではありますが。


    パンクしたその場で直せる、パンク修理剤ホルツ タイヤウェルド (小) 150ml ※ミニバイク・自転…

    ただ、正直、今の自転車はチューブがずいぶん痛んでいます。
    ですから、今日の修理で治らないなら、チューブを交換すべきなんでしょうね。


    パナレーサー ブチルチューブ 700x28c(27-31c) 英式

    チューブのお値段はとても安いのだけれど、適合するサイズのものを
    ちゃんと選んだり、チェーンや車輪を元に戻す作業など、かなり重労働っぽいです。

    さすがにこれはお店に頼むべきかなぁとは思うのですが、修理代は
    4000円前後みたいなので、それだと中古で買った自転車と、それほど
    変わらないお値段になってしまうのが、ちょっと厳しいところです。

    まぁ、本来は自転車もちゃんとしたものを選ぶべきだ、ということなのでしょうね。
    あと、同じ時に買った紗羅の自転車は頑丈だから、ママチャリ系のほうが
    頑丈なのかもしれません。


    軽量高品質アルミフレーム採用モデル。【送料無料】沖縄・離島は除くPanasonic(パナソニック)…

    Filed under: Car
    2009/06/28 9:01 pm | 自転車のパンク修理に手間取る はコメントを受け付けていません
  • 202月

    以前、私も乗っていたプジョー206ですが、なんと今更ながら、
    復刻されて、その名も「Peugeot 206+」として再登場するんだとか。
    http://www.carview.co.jp/news/0/103435/

    現行モデルを206風にするのではなく、逆に、以前の206をベースに
    ルックスを新しい感じしているというのが、ユニークですね。

    最近は自動車業界も不況ですし、あのコンパクトなサイズが再評価
    されているのかも。

    206は1998年に登場して、約650万台が販売されたんだとか。
    確かに、今考えても一番乗ってる&持ってる満足感のある車だったかも。

    残念ながら、今のところはヨーロッパ限定での復活のようですが、
    できたらディーゼル仕様で日本でも乗れると良いんだけどなぁ。

    それまでは、プジョーグッズやミルあたりで我慢しておこうっと。


    【新品】プジョー アンブレラ


    ☆送料無料☆27%OFF!【プジョー(peugeot)】コーヒーミルタンザニア

    Filed under: Car
    2009/02/20 10:29 pm | Peugeot 206+ はコメントを受け付けていません
  • 022月

    昨日、自転車でウロウロしていたら、なんだか空気が抜けてきたので、
    慌てて近くのホームセンターで、空気入れと修理キットを買ってきました。


    自転車用空気入れ(米式・英式バルブ対応)


    【自転車部品】ちびパンク修理キットY-7007

    駐車場で、まずは空気を入れてみると、とりあえず平気になりました。
    帰宅まではOKだったので、そのまましばらく放置してみました。
    しかし、1時間もすると、やっぱり空気が抜けてしまいました。

    ってことで、修理を開始しましたが、まずは虫ゴムには問題ないようです。
    次はタイヤを外すんですが、これがなかなかうまくいきません。
    どうやら、タイヤレバーという工具があると楽らしいです。


    自転車の修理に!自転車用タイヤレバー3P

    うちはなかったので、ドライバ2本で無理矢理外しました。
    タイヤを外してしまえば、チューブを取り出すのは簡単。
    あとは石けん水に浸けて、穴を探せば、すぐに見つけられました。

    実画像サイズ 640 x 485 ( 67 kB )
    Exif 情報
    モデル名 PDR-T10
    ISO 感度 / 露出補正値 100 / 0.0
    露出時間/絞り 1/146 秒 / F 8.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 6.0 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    穴にゴムのりをつけて、パッチラバーを貼れば修理は完了。
    ここからまた漏れてしまうこともありがちですが、一度修理を経験
    しておけば、次は簡単にできそうですしね。

    最近は缶から注入するだけで修理できるものもありますが、
    一度くらいは修理を実体験しておくのも良いかもしれませんね。


    ホルツ タイヤウェルド (小) 150ml ※ミニバイク・自転車用 MH701

    まぁ、そう頻繁にパンクされたら、たまったものではありませんけれど。(^^;

    Filed under: Car
    2009/02/02 6:43 pm | 2 Comments
  • 151月

    以前も所有していたものの、引っ越しに際して一旦処分してしまった
    自転車ですが、やっぱり必要になってきたので、このところ、
    近所のお店を色々と探していました。

    すると、放置自転車を回収して、整備・販売しているところを見つけたので、
    「それは良い!」ということで、行って選んできました。

    実画像サイズ 640 x 485 ( 102 kB )
    Exif 情報
    モデル名 Caplio GX8
    ISO 感度 / 露出補正値 64 / -0.3
    露出時間/絞り 1/34 秒 / F 2.5
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 5.8 mm ( 28 mm)
    全 Exif 情報表示…


    基本的に均一価格なので、10台くらいの在庫の中から選べました。
    ギア付きはちょっと高いですから、ごく普通のものをチョイスしました。

    ちゃんと鍵も付けなおしてあるし、整備もされているので安心。
    もちろん、防犯登録もしっかりしてきました。

    紗羅も別の自転車を購入して、これで二人でのお出かけも自転車で
    できます。
    エコのためにも、積極的に使っていきたいと思っています。

    Filed under: Car
    2009/01/15 2:57 pm | 自転車、購入 はコメントを受け付けていません
  • 0712月

    いつもクルマ旅の本を出してくれる笹目さんが、今度もエイ文庫から
    「チンクエチェントで駈け巡るイタリア5000km」という本を12/10に
    発売されるそうで。

    4777912310 チンクエチェントで駈け巡るイタリア5000km
    笹目 二朗
    エイ出版社 2008-12-10

    by G-Tools

    これで5冊目みたいですが、このところ、ペースアップがすごいですね。

    チンクエチェントとは「FIAT 500」のことです。
    アンティークカーとしてそう呼ばれ親しまれてましたが、そのニューモデルも
    出たんですね。


    新型フィアット500 ミニカー 1/18 ノレブ製

    メーカーサイトには、こんなブログパーツもあったので、ちょっと
    貼ってみます。

    今回は1年前あたりの年末年始の旅が舞台みたいですし、その後も
    色々と活動的にクルマ旅を続けられているようですから、今後も
    新しい本が誕生してくるんじゃないかな?

    そちらのほうも楽しみにしつつ、今回の本の舞台、イタリアを
    本で満喫させてもらいたいなぁと思います。

    Filed under: Car
    2008/12/07 1:08 pm | 2 Comments
  • 1611月

    笹目さんのクルマ旅本の新刊「バルト三国をボルボで走る」が
    出ています。

    4777911977 バルト三国をボルボで走る~バルト海沿岸の国々をめぐるクルマ旅 (えい文庫 187)
    笹目二朗
    エイ出版社 2008-11-10

    by G-Tools

    前回はプジョーでしたが、今回はボルボS40です。
    ディーゼル車というのが、うらやましいですね。
    ぜひ日本でもディーゼルを発売してほしいなぁと思います。

    笹目さん、ブログもされていて、こちらでも本の雰囲気を味わえたり
    新しい旅やクルマを拝見できて楽しいです。

    本のほうは、ちょっと写真が少なめに感じて、その点では前作のほうが
    オススメかな。
    まぁ、個人的にプジョー好き、というのもありますけどね。

    緑の英国・アイルランドのクルマ旅―フランスからドーバー海峡を渡って再びフランスへ、小さなプジョーで10000km (えい文庫 181) (えい文庫 181) 緑の英国・アイルランドのクルマ旅―フランスからドーバー海峡を渡って再びフランスへ、小さなプジョーで10000km (えい文庫 181) (えい文庫 181)
    笹目 二朗

    by G-Tools

    Filed under: Car
    2008/11/16 11:07 am | バルト三国をボルボで走る はコメントを受け付けていません