• 139月

    「雑学力検定テスト」という本を、本屋さんで発見。

    雑学力検定テスト
    雑学力検定協会

    発売日 2004/06
    売り上げランキング 419,683

    Amazonで詳しく見る4569636756

    こういう類いの無駄知識、好きなんですよね~、私。
    会話の中でさりげな~く披露すると、「へぇ~、すご~い」とかって
    話題が広がりますしね。
    調子に乗って、披露しすぎると「オヤジ」扱いされますけどね。(爆)

    「雑学力検定テスト」に向けての参考書には、
    「雑学大全」という本がぴったりかと。

    雑学大全
    東京雑学研究会

    発売日 2004/09
    売り上げランキング 2,495

    Amazonで詳しく見る4487799473

    50音順に、色んな雑学が整理されて記載されてます。
    例えば、「野球のボールの縫い目の数は何故108なのか?」とか、
    「『大きい』ことを『ジャンボ』というのは何故か?」なんて感じで。

    答えは、後で書くとして、(爆)
    「雑学モノは、どうも…」という方には、「常識力@検定.com」
    という本も。
    こちらは、シリーズ化されてて、3巻も出てます。

    常識力@検定.com―だれもが気になる!こっそり知りたい?日本人の常識力って!?
    日本常識力検定協会

    常識力@検定.com2―やっぱり気になる?しっかりチェック!あなたの常識力は!?
    日本常識力検定協会

    常識力@検定.com 3
    日本常識力検定協会

    これを全部読破すれば、常識のある人間になれるのかな?

    「常識」といえば、今日、こんなことが。

    私たちがスーパーの出入り口から入ろうとする時、
    そのお店の中からショッピングカートを押して出口に向かってくる
    ご老人が。

    その老人、自動ドアの目の前までやってくると、
    カートと、その上の買い物かごを、出入り口の真正面に
    ぽいっと置き去りにしたまま、買い物袋だけ持って外へ。

    ちょうどそこに入ってきた私は、つい優しく諭してしまいました。
    「こら、ばばぁ!これ、片付けていかんかい!!」と。
    その声を聞いて、常識のあるご老人は、ちゃんとカートを
    片付けていかれました。やれやれ…。

    こういうご老人にもぜひ先の本を読んでいただきたいものです。

    さて、さきほどの雑学の回答は、続きでどうぞ。

    まず、「野球のボールの縫い目の数は何故108なのか?」と言いますと、
    答えは「たまたま」だそうで。(爆&寒)

    アメリカで最初に作られた時は116だったそうで、
    日本のミズノは最初、112で作ってたんだとか。

    縫い目を増やすと、糸穴の間隔が狭くなって皮が破れやすくなり、
    逆に縫い目を減らすと、今度は糸が切れやすくなるそうで、
    その辺りの試行錯誤の結果、108くらいがちょうど良かったんだそうです。

    その後、野球の公式ルールで108に統一されたことから、
    今でも野球のボールの縫い目は108になったという結論なのでした。

    では、「『大きい』ことを『ジャンボ』というのは何故か?」なんですが、
    ご存知の方も多いと思いますが、『ジャンボ』というのはスワヒリ語で
    「こんにちは」の意味です。

    で、19世紀後半にロンドン動物園に「ジャンボ」という名の
    アフリカ象がいて、当時は珍しかったせいか、
    とっても人気があったんだそうです。

    この象が、肩までの高さが3mもある巨大さだったので、
    「とても大きなもの」という意味に「ジャンボ」を使うようになったそうです。

    ちなみに、うちの父は小さい頃、象やキリンは絵本だけの世界の
    架空の動物だと思ってたそうです。
    初めて象を見た時は、きっとぞぅっとしたことでしょうね。(寒)

    ああ~、これだから「オヤジ」って言われるんですよね~、雑学好きは。(違)

    Filed under: Book
    2004/09/13 9:08 pm | 雑学力と常識力 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.