• 3010月

    本屋さんで「石頭コンピューター」という本を発見。

    石頭コンピューター
    安野 光雅
    日本評論社
    2004-10

    by G-Tools

    この本の作者は、画家として有名な、あの安野光雅さんなんです。
    以前、津和野に旅行に行った時、「安野光雅美術館」に
    立ち寄りましたが、素敵な絵なんですよね~。

    この本でも、もちろん挿絵を描かれていますが、執筆もされています。
    内容的には、コンピュータの動作原理などを、わかりやすく楽しく説明しているもので、
    小学生でも読めるように、ふりがなが振ってあります。

    ただ、意外にしっかりした難度の高い題材も多く取り扱われてますから、
    大人が読んでもたっぷり楽しめるかと。

    例えば、「魔女裁判のフォローチャート」で無限ループが解説されていたり、
    「ししおどし」の動作で二進法を説明してあったりと、着眼点がユニークで、
    しかも分かりやすいというのは、素晴らしいですね。

    もちろん、挿絵も丁寧に描かれてますから、左脳と右脳、両方で楽しめる
    本になっていると思います。

    Filed under: Book
    2004/10/30 4:23 pm | 石頭コンピューター はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.