• 209月

    CMクリエーターとしても有名な佐藤雅彦さんの
    毎日新聞での連載を単行本にした「日本のスイッチ」という本を
    本屋さんで発見。

    日本のスイッチ
    慶応義塾大学佐藤雅彦研究室 , 佐藤 雅彦

    i-Modeを使ったアンケート結果を集計したものを中心に、
    独特のイラストなども交えながら、楽しい雰囲気です。

    真面目な世論調査のようなものもあるんですが、そこは佐藤氏。
    「切手は舐めて貼る」とか、「電車は端に座る」なんていう、
    面白い調査の結果も満載です。

    ちなみに、佐藤雅彦さんといえば、
    有名なのは、やっぱりCMで、NECの「バザールでござーる」とか、
    湖池屋の「ポリンキー」あたりは、皆さんの耳にもこびりついてることでしょう。
    あと、NHK教育の「ピタゴラスイッチ」も監修されてたりします。
    なんとなく、テイストが分かりますよね?(笑)

    これも有名ではありますが、ややテイストが違うのがゲームソフト「I.Q.」。
    ゲームのルール自体から、彼のアイデアだそうです。
    これ、やりだすとハマっちゃうんですよね~。

    PS用に発売された「I.Q FINAL」は、PSone Booksになってるので、
    Amazon.co.jpだと、1606円(税込,送料無料)で買えちゃいます。
    まだプレイしたことがなくて、頭の体操がお好きな方、
    パズルゲーム大好きな方には、ぜひオススメしておきます。

    PSone Books I.Q FINAL

    おすすめ平均
    パズル好きは是非!

    Amazonで詳しく見るB00005RIW2

    Filed under: Book, Game
    2004/09/20 9:51 am | 日本のスイッチとI.Q. はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.