• 141月

    以前も紹介しましたが、今月発売のエイ文庫をやっと読めましたので
    ご紹介がてら、ご報告を。

    まずは「安原製作所回顧録」です。

    4777909263 安原製作所回顧録 (えい文庫 158)
    安原 伸
    エイ出版社 2008-01-10

    by G-Tools

    著者の安原さんは、もちろん安原製作所の創始者で、唯一の社員。
    安原一式は少し前からのカメラファンなら、結構有名かと。

    ただ、その後、発売された一体型レンジファインダー「秋月」は
    私も噂は知ってたものの、現物はお目に掛かったことがありません。

    著者さんは元々、京セラで10年間、カメラ開発をされてきた方で、
    あの「CONTAX AX」の開発にも関わったとか。


    【中古】コンタックス AX

    それを自慢ではなく、レンズ設計の観点からみれば、あれは全く
    レンズ設計を無視したAFだ、と、ばっさり切るあたりが技術者魂だなぁと
    感じます。

    確かに全群繰り出し式なら問題ないものの、フローティング式のレンズ
    では、構造的に無理があるのは確かです。
    それに、構造も複雑になりすぎて、精度や品質が保ちづらかったこと
    でしょうねぇ。

    文章も全般的に技術者の香りが強く出ているので、撮影する立場から
    考えると、うーん、と思う時もあるかも。

    その点、hanaさんの「東京ご近所写真散歩」は、エイ文庫のカメラ本の
    良い部分がうまくまとまった良作だと思いました。

    4777909271 東京ご近所写真散歩―hanaの (えい文庫 159)
    hana
    エイ出版社 2008-01-10

    by G-Tools

    写真家さんの本となると、つい写真やエッセイが中心になりがち
    ですが、カメラの紹介もタイミング良い感じで交えてあって、
    hanaさんの写真に憧れる方に、「あー、こんなカメラもあって、こんな
    写真が撮れるんだ」と感じさせてくれます。

    髪質も微妙に、いつもと違ったものが使ってあって、そういうところも
    こだわりで決められたのかなぁと思いました。

    個人的には後者がオススメかな。
    置いてあるお店がやや少なめなのが欠点なエイ文庫ですが、
    見つけたらぜひ目を向けてみてくださいませ。

    Filed under: Book
    2008/01/14 10:23 pm | 今月のえい文庫 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.