• 141月

    「ダジャレ練習帳」という文庫が出ているようで。

    4758432147 ダジャレ練習帳 (ハルキ文庫 (た16-1))
    多治家 礼
    角川春樹事務所 2006-01

    by G-Tools

    この本、以前は新書だったようですが、文庫化されたんだとか。
    作者名まで「多治家礼」さんと、ダジャレになってます。(笑)

    まぁ、ご多分に漏れず、私もダジャレを良く言うほうでありますが、
    ダジャレを言う人って、周りの雰囲気とかを意識して、気を遣う方
    なんじゃないかなぁって気がします。
    もちろん、機知に富んでいて、ボキャブラリーが豊富で、頭の回転が
    早いことも必要なんですけどね。

    ただ、そんな「心遣い」もむなしく、無視されることのほうが多いのは
    宿命みたいなもんですねぇ。(笑)
    時と場所によっては、冷たい視線も浴びせられますし。(^^;

    って具合なので、練習してマスターしたらメリットがあるのかといえば、
    どうも微妙な気がします。
    まさに、使い方次第で「毒にも薬にもなる」のがダジャレですから、
    使い方のマスターが重要かもしれませんね。

    本のほうは、プライベート編、ビジネス編、スクール編、冠婚葬祭編と、
    シチュエーションに分かれて、そのノウハウ(?)を提供してくれてます。
    冠婚葬祭で使うべきかはナゾですけれど。

    ともあれ、ダジャレ好きな方も、言うのが苦手な方も、ちらっと覗いて
    みると楽しいかもしれません。

    Filed under: Book
    2008/01/14 6:23 pm | ダジャレ練習帳 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.