• 2811月

    JRの寝台特急、通称ブルートレインの「あさかぜ」と「さくら」がついに
    来春引退になってしまうそうで。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041127-00000053-mai-soci

    「あさかぜ」は東京-下関、「さくら」は東京-長崎を運行されていました。

    正直、「あさかぜ」は新幹線があるし、他のブルートレインで代用できるので、
    仕方ないかなぁとも思いますが、「さくら」は名前も、そしてその運行距離
    (全区間で約19時間)からもブルートレインの代表格の一つだと感じるので、
    できれば残してほしかったですねぇ。

    ちなみに、さだまさしさんは中学生の時に、長崎から東京へ独りで上京していた
    そうで、帰郷の時は「さくら」に乗って帰っていたそうです。
    ぜひ、引退を記念して一曲、書き残してほしいな~。

    残る代表格といえば、現在は東京-大分で運行されてる「富士」になります。
    昔は西鹿児島まで運行されていて、昭和31年当時は全区間走破に
    31時間28分もかかったんだそうです。
    現在は大分までで、約17時間に短縮されてますけどね。

    「富士」もなくならないうちに、大分への帰省に乗ってみるのも良いかも。

    Filed under: ニュース
    2004/11/28 6:11 pm | ブルートレイン「あさかぜ」「さくら」、来春引退 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.