• 2411月

    英国議会の開幕の女王演説で、バイオメトリクス技術を使ったIDカードを
    採用するという英国政府の計画を女王ご自身が発表したそうで。
    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0411/24/news041.html

    女王が直接「Biometrics」(生体認証技術)という単語を使ったわけでは
    ないようですが、バイオメトリクスもかなり一般的なものになってきたようですね。

    ちなみに、英国政府は2011~2012年までに、IDカードをすべての英国住民に
    義務付ける方向で取り組んでいるんだそうです。
    IDカードには、氏名、住所といった普通の情報に加えて、指紋や顔・虹彩スキャンなどの
    バイオメトリクス情報が含まれる予定とのこと。

    指紋は認識率も高いし、経年変化も少ないので、技術面からいくと一番便利です。
    ただ、指紋押印という行為が抵抗感が多いんですよね。

    顔に関しては、まだまだ認識率の面で難があります。
    経年変化もありますし、双子すら識別不可ですから、IDとしては弱いです。

    最終的には、虹彩や手のひら静脈あたりに期待がかかるところかと思います。

    あと、IDカードへのデータの保存形式はどうするか?というのも気になります。
    今のところ、特に標準的なフォーマットはありませんし、データ自体が暗号化されていないと、
    IDカードごと偽造されて、情報を入れ替えられてしまえば、せっかくの認証も
    何の意味もありませんからねぇ。

    実用にはまだまだ結構、壁が厚いような気がする、一関係者なのでした。(^^;

    Filed under: ニュース
    2004/11/24 11:16 pm | バイオメトリクスIDカード採用を女王が演説で… はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.