• 112月

    クマデジタルさんがPET検査のことを書かれていらしたので、
    元医療画像処理関係者として、薄っぺらい知識を。(^^;

    正直、個人的にはPET検診は現時点ではオススメしません。
    お値段もさることながら、検出率、特に早期の発見率が皆さんの
    想像以上に低いからです。

    一説には85%以上のガンを見落とす、という話もありますし、
    早期にいたっては数%が見つかる程度だとも噂に聞いています。
    http://doctor-trust.jp/medical-bbs/index.cgi?mode=view;Code=13

    PETの画像自体、非常に不鮮明なものですし、CT画像などと
    組み合わせて初めて確度を上げるものだと、私の知識では
    認識しています。

    ちなみにPETが得意なのは、肺、大腸などです。
    乳がんも見つかりやすいですが、これはマンモグラフィーのほうが
    より安価で確実でしょう。

    逆に、泌尿器系や胃、肝臓などは苦手で、脳腫瘍も見つけにくいです。
    脳はそうでなくても色んな場所が光ってしまいますからね。

    ということで、早期ガン検診であれば、現状は一番技術が枯れて
    きているCTが最適だと思います。

    さらにいえば、最終的なガンの発見はCT画像を読影する
    お医者さんの「目」にかかっています。

    ちなみに一人当たりのCT読影時間は、たかだか10分以内です。
    全身だと少なくても100枚以上の「画像」を見て、そこからガンを
    見つけるのは、喩えは悪いですが、「ウォーリーを探せ」みたいな
    ものなんです。

    それで見落としなく見つけられるか、というのは、読影医の腕の
    問題も大きいと思います。

    超音波は画質的にはイマイチですが、体への負担も少ないです。
    体全体を調べるのは難しいですから、多少気になる箇所がある
    場合に受診するのがよいでしょう。

    結構、宣伝だけが先行してPET人気が高まっていますが、さきほども
    書いたようにCTなどと組み合わせてこその技術、というのが現状
    だと思います。

    コストパフォーマンスなら、CTを信頼のおける読影医のいる病院で
    受診されるのがベストかと。

    4879546321 最新のがん検診がわかる本―早期発見・早期治療ができる!レントゲン、超音波、内視鏡、CT、MRIからPETまで詳しく解説
    安田 聖栄
    法研 2006-09

    by G-Tools

    関連エントリー:

    Filed under: その他
    2008/02/11 5:57 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Kumadigital Says:

    確かに、PET単独の信頼性の低さを裏付けるように、最近はCTと組み合わせるPET検診も用意されているみたいですね。CTのみの検診というのは「肺」以外はあまり見たことないのですが、全身検診とかあるのですか?

  • MacBS Says:

    kumadigitalさん、コメントありがとうございます。

    PET-CTというのは機材がそういう複合的なものが
    生まれてきたというのもあって、普及していますね。
    読影でも両方を重ね合わせ表示して、互いの確認を
    するといったケースが多くなっていると思います。

    CTは脳から肺、肝臓、場合によっては足まで
    どこの部位でもやりますよ。
    読影時の表示条件なども部位ごとに用意されています。
    肝臓の腫瘤くらいなら、私でも読影できますし。(笑)

    ただ、腸に関しては残留物がどうしても映ってしまうので
    読影が難しい面があるようです。

    ただ、全身をやる場合、スライスの間隔が荒くなるので
    小さい腫瘤は見逃すケースが出てきます。
    ですので、ある程度、部位を絞ったほうが検出精度は
    上がることになるかと思います。