• 152月

    モンブランの万年筆「221」とセットで、ボールペン「281」もゲットしました。

    モンブラン万年筆・ボールペンセット

    先日のを221と判断したのは、この281とのセットが売られていたらしい、というところからです。
    ちなみに1970~1980年代くらいに販売されていたようですが、これは281の記載がないので、1970年代前半のものだろうと思われます。

    MONTBLANC 281

    問題はこの281、今のジャイアントリフィールとは違って、長いタイプのものが使用されている点です。
    現行品は98mm、これは112mmだそうです。
    残念ながら当初付いていたものはインク切れでした。

    モンブランのビッグリフィル

    そこでひとまずリフィールのキャップで長さ調整してみましたが、やっぱりちょっとスライドレバーの引っ掛かり具合が違います。

    MONTBLANC 281

    ということで、文具専門店さんに無理を言って「アタッチメントを付けて」とお願いしてみたところ、リフィールにアタッチメントを付けて送ってもらえました。
    基本的にはモンブラン正規販売店だとアタッチメントを付けてくれるらしいです。

    th_DSC09891_LR6

    これで当時の感触でスライドレバーでペン先の出し入れができるようになりました。
    リフィール自体は先日のマイスターシュテュックと同じものが今後も手に入るはずですから、もう安泰ですね。

    MONTBLANC 281

    先日も書いたとおり、マイスターシュテュックは紗羅へのバレンタインプレゼントにしましたので、この281と221が私のバレンタインプレゼントということになります。
    モンブランもペアで愛用していきたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Pen
    2016/02/15 12:00 pm | MONTBLANC 281 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.