• 3110月

    PS3ネタが続きますが、古いほう(といっても機種としては新しいけど)の調子が悪いPS3を分解してみました。
    前回も封印シールを剥いでファン周りの掃除はしていたので、今回は電源部を分解です。

    DSCF8122_s

    分解の仕方はすでにたくさんのサイトで記載されていますから省略しますが、結果から言うと症状に変化はありませんでした。
    また特に膨らんでいるようなコンデンサも見当たりませんし、ほこりの混入もファン部分ほどではなかったです。

    ただ症状がほとんど電源投入時だけに偏っている点を考えると、やっぱりこの電源部が怪しいのでしょうね。
    同じ型番のPS3とニコイチでもすれば良くなる可能性は高いですが、先日買ったPS3はジャンクで出回っているものよりも安かったので、そういう気力はないかなぁ。

    ちなみに後で購入した(元のも十分安かったけどそれをも下回る)格安PS3は非常に快適に動いてくれています。
    500GB HDDが高速なのもあって、インストール済みのソフトはなんとなく動作が軽快になった気もします。
    あと、これも気のせいかもしれませんが、ヘッドフォンでゲームをしてみると後継モデルよりも若干音質が良いような気が…。
    初代モデルならSACDやPS2対応だったりして、それはまた別の意味で音質が良いのも分からないではないですが、そこからコストダウンで多少の変化があったということでしょうか。
    ともあれ、今のところは格安の白いほうで満足しております。

    関連エントリー:

    Filed under: Game
    2015/10/31 12:00 pm | PS3の電源部を分解 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.