• 019月

    (9/1 11:50修正)
    容量の記述がおかしかったので、修正しました。

    先日もiPadの充電についてエントリーしたばかりですが、iPadへの対応がちょっとだけ遅れていたeneloopも新しいモバイルブースターでiPad対応を果たしたようで。
    「KBC-L2BS」というニューモデルがそれです。

    出力電流を従来の「KBC-L2AS」の2倍の1Aにしたことで、iPadの充電に対応したんだとか。
    ちなみにiPhone 4で2回のフル充電、XPERIAで1.5回だそうですから、容量はKBC-L2ASと同じくらいなのかな?
    iPadだと40%くらいしか充電できないという計算になりそうです。

    とはいえ、非常時の電源供給用には便利ですし、少なくとも電池が心配なiPhoneユーザーには心強いアイテムになってくれそうです。

    Filed under: Smartphone
    2010/09/01 11:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • SKY ONE Says:

    もう既にKBC-L2AS買っちゃったし
    これ二つの出力を1つにして出力出来ればいいのに

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    iPadでモバイルバッテリーが必要になるケースはあまり多くないでしょうし、L2ASでも大丈夫でしょう。
    ただ、将来のiPhoneも1A必要になる可能性はありそうですけどねぇ。