• 126月

    Canonのオートマンこと、T50の試し撮りフィルムの現像が出来てきました。
    何はともあれ、まずは作例をいくつか掲載してみます。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 82 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 640 x 433 ( 70 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 433 x 640 ( 57 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    3枚目あたりは銀塩らしく、水面からの照り返しも白飛びせずにラチチュードの
    広さを見せてくれます。
    発色に関しては、全般に地味ではありますが、シャープな感じはします。

    ただ、面白みという点では「オートマン」という愛称の通り、カメラ任せの部分が
    多いので、イマイチ、撮る楽しみには欠ける面がありました。

    露出精度も新しいわりには、多少外し気味のものもあったりして、
    リバーサルを入れる信頼性まではないようでした。
    まぁ、これは私がゲットした個体にもよるのかもしれませんが。

    個人的には、どうもCanonの古い機種ほど、好みのものが多い気が
    してますです。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/06/12 10:18 pm | T50、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.