• 024月

    先日、買ってきたミノルタの一眼レフ「SR-T101」ですが、シャッターを
    切った後にミラーがクイックリターンしない問題があったので、ネットで
    色々調べながら、本体を分解・清掃してみました。

    といっても、あまりバラバラにするほどではなく、底蓋を開けて、注油
    した程度ですが、全速でクイックリターンするようになりました。

    また、セルフタイマーも途中でひっかかる場合がありましたが、そちらも
    注油で、ちゃんと動作するようになりました。

    あと、電池のほうはバルタのV625Uを買ってきて入れました。
    D70と比較してチェックしてみたところ、ほぼそのままで適正露出と
    いって良い感じです。
    10回ほどの平均だと、-0.1EV程度の差がある程度でした。

    ここまで動作するようになったので、早速、フィルムを入れてあげることに。
    せっかくなので、コニカミノルタのフィルムにしてみました。
    ただ、今日は雨なので、室内で1,2枚、試し撮りしただけですが。

    とりあえずざっと1本撮り終わって、うまく動作するようなら、レンズも
    色々揃えてみたいかも。
    ヤフオクなどの相場も、結構安いみたいなんですよね。

    FISH-EYEなどの広角系や、お値段が安い135mm、マクロあたりが
    欲しいですね。
    いずれにしても、ズームではなく、単焦点を集めてみたいと思ってます。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/04/02 5:32 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    お早うございます。色々な道を究めようとなさっておいでですね。
    SRT-101は非常にオーソドックスな機構を持つ機種で、必要充分な機能を
    すべて備えている良いカメラだと思います。
    メインテナンスで安定動作するようになれば、立派な戦力です。

    デジカメとTX-1を持って土曜の朝に近所の桜を撮影したので、今度Zorgへ
    アップしておきます。と言ってもフィルムは現像に出しそびれてしまったので、
    少し時間がかかりますが・・・。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    SR-T101、ざっと1本撮って現像に出してきましたが、
    無事に撮れているようです。

    フォクトレンダーは撮っていて大人の時間を味わえるカメラでしたが、
    SR-T101は初めてカメラを持った子どもに戻れるような
    そんなカメラだと感じました。

    桜の写真、楽しみにしておきます。
    TX-1の桜、どんな作品になるのか、楽しみです。