• 046月

    Canon FTbの現像も上がってきて、やっとスキャンが終わったので、
    こちらも数枚、掲載してみます。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 55 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 640 x 433 ( 62 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 640 x 433 ( 94 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    なんともびっくりなカラーバランスになってる写真がありますが、背景に
    ラベンダーを入れたので、実際もそうだったような、さすがにちょっとおかしい
    ような気もします。(^^;

    全体的に見て、「まだ、この時期の開放測光は精度が低いかな」と思う
    写真が結構ありました。
    そういうシーンでは、絞り込み測光を使って、厳密に測光したほうが
    良さそうです。

    とはいえ、Canonらしいシャープな発色とコントラストですし、とにかく
    このカメラは、撮っていて楽しい「重さ」なんですよね。
    T50のような、お手軽さに飽きたら、使ってあげようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/06/04 6:15 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    お早うございます。本日は時短休日で休みなのに天気は今一です。

    確かに一番上の写真は、えらい発色になってますね。FTbはネガでの撮影
    でしたっけ?
    それから”あの重さ”が良いんですよね。手の上で踊らない程度の手頃な
    持ち重りが何とも言えません。確かに軽いボディ+小さい軽いレンズも良い
    のですが、レンズのピントリングを持った時の手頃な太さや、ボディと組み
    合わせた時の重量バランスが良い物は、以外と重さを感じませんし、ブレ
    にくく気持ちよく撮影出来ますよね。

    OMシリーズの古い機種ではやっぱりOM-2がお薦めでしょうか。
    OMシリーズ、ミノルタ、ペンタックスの一部の機種では、ファインダーのアイ
    ピース形状が事実上共通になっているので、アングルファインダー等の
    アクセサリーは使い回しが出来ますよ。
    焦点板もサイズは同じで互換性がある筈です。焦点板の手前に測光素子
    がある機種じゃないと露出計の指示がメチャクチャになりますが・・・。
    どのメーカーさんも公式には一切アナウンスしていませんけど、これは便利な
    事もあると思います。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    2,3枚ほど、すごい発色の写真がありました。
    まさかレンズのせいではないと思うのですが…。
    スキャナの調子が悪かったのかもしれません。

    正直、CanonはEOSを使っていた経験から、
    かえって収集欲をそそられなかったんです。
    でも使ってみると、なかなか良いフィーリングなんですよね。
    プリズム腐食など、内部の造りは、たまに難ありですけど。(^^;

    FDレンズも個人的には旧タイプのほうが好きです。
    大きいだけに余裕がある感じがして、レンジファインダー時代を
    彷彿とさせる造りも気に入ってます。

    OMシリーズは、状態とお値段のバランスが難しいですね。
    レンズも入手しづらく、お高いですし…。
    ヤフオクなどで狙ってると、ついついFDレンズが集まってしまいます。(笑)

    アングルファインダー、ひとつあると良さそうですね。
    焦点板はおおまかにはマットで、詳細にはスプリットで合わせるのが好みです。
    うちにあるものは大抵、これが多いです。
    Nikon FEだけが、全面マット(B型)だったと記憶してます。