• 2810月

    発売されたばかりのPanasonicのデジタル一眼レフ「DMC-L10」に
    触ってきました。


    【2007年10月26日発売】
    Panasonic デジタルカメラ 標準レンズキット DMC-L10K

    正直、触る前までは、これっぽっちも興味がなかったんですが、
    意外や意外、L1と比べればずいぶん進化しているように感じました。

    まず、フォーサーズの欠点でもあるファインダーの狭さも、1.2倍の
    マグニファイヤーアイカップが同梱されてるので、それなりの広さで
    見え具合もまずまず。

    あと、ライブビューを搭載した他機種では、その操作がどうもまだ
    こなれていない面を感じたのですが、L10はすんなり使いこなせる
    操作系だったように思います。

    そして、やっぱり魅力は「LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm」ですね。
    F3.8-F5.6と暗いので、正直、たいしたことないだろう、と思ってましたが、
    見える世界が、普通の標準ズームとはやっぱり格が違うなぁと
    感じさせるところがありました。

    このレンズ単体で欲しいとは思いませんが、もしE-300を買い換える
    なら、E-510よりはL10のほうが好みかもしれません。

    まぁ、元々が全く期待していなかっただけに、思ったよりも良かった
    だけかもしれませんが、Panasonicも少しずつ進歩はしているようです。
    あとはお値段で、もうちょっと頑張ってもらえれば良いんですけどねぇ。(^^;

    Filed under: Photo
    2007/10/28 12:47 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Kiyo Says:

    Panasonicの魅力は、尽きるところライセンスとはいえ認可された「LEICA Dレンズ」のシリーズの魅力ですね。
    L1用の14-50mm F2.8-F3.5からは、格落ちしましたが、描写力は、そこら辺の標準ズームどころか、ありきたりな単焦点レンズを凌ぎますからね。

    L10Kで使用しているLiveMOSも、E-510の改良型でしょうから、L1譲りの広域ダイナミックレンジも使いこなしているでしょうし、E-510よりは、良いセットだと思います。

    自分では、E-510を使用していますが、オリンパスは、まだまだ、LiveMOSの潜在性能を引き出しできていない気がします。

    その点、さらに改良型のハイスピードLiveMOSを使用のE-3は、どうなんでしょうね。

  • MacBS Says:

    Kiyoさん、コメントありがとうございます。

    今のところ、Panasonicはライカレンズ以外で注目される
    存在になり得ていない感がありますね。

    このズームもお値段を考えると、25mmのズミクロンのほうが
    魅力的かなぁとも思いますけど、光学手ぶれ補正は
    オリンパスユーザーにも魅力的に感じます。

    LiveMOSに関しては素性が非常によい素子みたいですし、
    E-3あたりでだいぶ実力を発揮するかもしれませんね。

    いずれにしろ、Panasonicにはボディでも頑張ってもらって、
    早く他社に影響力のあるメーカーになってほしいと
    思っております。