• 044月

    接眼目当て付き先日、ゲットしたミノルタの一眼レフ
    「SR-T101」には接眼目当てが
    付いていなかったので、余っていた
    NikonのDK-20を付けてみました。

    ピッタリ、とはいきませんが、少し緩い程度で付けた感じは、なかなか。
    緩さの調整は差し込み部分の内側にビニールテープを挟むことで
    良い感じにすることができました。

    Nikon DK-20 接眼目当て(D70s,D50用) Nikon DK-20 接眼目当て(D70s,D50用)

    by G-Tools

    ちなみに、D70に付けているマグニファイングアイピース「DK-21M」も
    試しに付けてみました。

    DK-21M マグニファイングアイピース DK-21M マグニファイングアイピース

    by G-Tools

    こちらのほうがさらにフィットする感じで、デザイン的にも良い感じでした。
    拡大による画面のケラレもほとんどなかったですし、ゆるみも少なかったです。

    ただ、銀塩一眼は元々、ファインダーが広いですし、さすがにそこまでする
    必要はないと思いますけどね。

    結構、上の二つの接眼目当ては他の機種にも流用が効くようなので、
    なくして困ってる方は試してみると良いかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/04/04 6:23 pm | 接眼目当てをSR-T101に はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.