• 114月

    本屋さんで「中古カメラの愉しみ」という本を見つけました。

    433478206X 中古カメラの愉しみ―金属人類学入門
    赤瀬川 原平
    光文社 2003-02

    by G-Tools

    まぁ内容はタイトルを見ていただければ、全て分かっていただけるかと
    思いますが、中古カメラ、それも主に金属製の中古カメラ収集の
    お話になっています。

    ただ、他のこういった本にありがちな機種紹介ではなく、ほんとに
    読み物として、中古カメラの愉しさを伝えてくれる内容になっています。

    とにかく文章がおもしろくて、「あー、これってまさに私のことだなぁ」と
    思わされることが、しばしば。(笑)

    「金属製カメラに惹かれるのは、体内磁石のせいだ」とか、「カメラが
    増えるたび、周りは病気がひどくなったというけれど、本人はどんどん
    健康になっている」なんて、ある意味、カメラ収集を正当化するバイブル
    かも。(^^;

    撮りもせずにコレクションとして集めるのは、集められたカメラがちょっと
    かわいそうだと思いますが、著者や私のように撮って楽しみ、見て楽しみ、
    というのは、そのカメラの『人生』のためにも良いのではないかと。

    中古カメラ購入を自分の中で正当化されたい方は、ぜひ読んで
    みられるとよろしいかと。
    ただし、家族まで引き込めるかどうかは疑問です。(苦笑)

    あと、新刊で「中古カメラの逆襲」というのも出ているみたいです。

    4480876189 中古カメラの逆襲
    赤瀬川 原平
    筑摩書房 2006-03

    by G-Tools

    こちらは、どちらかというとカメラ紹介が中心の内容みたいなので、こっちも
    見つけたら読んでみようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/04/11 11:01 pm | 中古カメラの愉しみ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.