• 042月

    オリンパス以外のデジタル一眼レフでは避けられないCCDの前に
    配置されたローパスフィルタの汚れですが、うちのD70もまたかなり
    ゴミがたまってきました。

    F11くらいまでの絞りであれば、ブロアーでもなんとかゴミを除去できますが、
    F20程度に絞ってしまうと、かなり派手に汚れてるのに気付いてしまいました。
    この手の汚れは、埃というレベルではなく、見た目では全然わからないんですよね。

    本来は、メーカーに送ってクリーニングしてもらうのが良いのでしょうが、
    カメラやさんで聞いてみると、4,5千円かかって、1ヶ月ほど預かりに
    なるそうで…。

    Nikonならば、銀座や新宿などにあるサービスセンターに持って行けば、
    千円程度で2時間くらい預かってもらって、清掃してもらえるので、
    まだ、そっちのほうがマシかも。

    とはいえ、せっかく清掃してもらっても、また結局は汚れちゃうわけだし、
    自分でやるのが良いかなぁと、思いきってやってみました。
    やり方は下のサイトを参考にしました。
    http://www.digi-came.com/jp/modules/feature1/index.php?id=8

    かなり手こずりましたが、F16程度なら気にならないくらいまではキレイに
    できました。

    コツとしては、シルボン紙をケチらずに使うことと、アルコールが1~2秒くらいで
    乾く程度に付けること。
    あとは、少し手応えがあるくらい、適度に力を入れて拭き拭きすることですかね。

    この掃除のおかげで、シルボン紙の在庫がなくなったので、カメラやさんに
    買いに行ったんですが、売ってませんでしたし、楽天でも見つけられませんでした。
    意外に使う人が少ないんですかねぇ。

    仕方ないので、Nikonのオンラインショップで注文しました。
    サービスセンターでも、電話で事前に頼んでおけば、取り寄せてくれるとの
    ことでした。

    あんまり頻繁に汚れるようなら、「クリーニングキットプロ」も持っておいたほうが
    良いのかなぁ。

    Nikon ニコンクリーニングキットプロ Nikon ニコンクリーニングキットプロ

    こういう心配のない、オリンパスのデジカメはやっぱり便利だなぁと感じた
    次第です。

    B000BMVXTE OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-500 ブラック レンズセット
    オリンパス 2005-11-11

    by G-Tools

    Filed under: Photo
    2006/02/04 9:56 pm | ローパスフィルタの汚れ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.