• 286月

    Microsoftは次世代Windowsでの新しいファイルシステムに
    なると謳っていた「WinFS」の事実上の開発中止を表明したんだそうで。
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0628/hot434.htm

    最初はNTFSに取って代わるファイルシステムのはずで、Vistaに
    標準搭載される予定だったのですが、そのうちNTFS上で動作するものに
    「格下げ」になり、Vistaのファーストリリースには入らないことになりました。
    そして、今回の開発中止となってしまいました。

    表面的には目立たない技術ではありますが、どんどんふくれあがる一方の
    HDD容量とファイル数を管理する上で、それなりに画期的な技術だと
    感じていたんですけどねぇ。

    Mac OS Xのほうは多少その技術的指向は異なるものの、Spotlight
    という形でWinFSの目指していた、ひとつの「完成形」を既に示しているわけで、
    これでまた「WindowsはMacより××年遅れている」などと言われても
    仕方ない状況になったような感じもします。

    正直、Windows Vistaにする、ユーザー側のメリットって、何があるのか、
    どうもいまいちピンと来ないところがありますよね。
    GUIばかり重くなって、要求するハードウェアスペックもすごいですし…。

    開発者にとってはメリットがないわけでもありませんが、まずはユーザーに
    Vistaが普及しないことには、結局、「XP対応」をする必要が出てきて
    しまうわけですから、なんとかVistaの「目玉」をアピールしてもらいたいものです。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2006/06/28 10:07 pm | WinFS、事実上開発中止 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.