• 278月

    MP3プレーヤーの老舗「Rio」ブランドが9月末で販売活動を終了し、事業から
    撤退するんだそうで。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050826/rio.htm

    iPod以外は、どこのメーカーも価格競争などで苦しんでるようですものね。
    Rioは、このところ地味なイメージがあったんで、撤退も仕方ないのかも。

    先日、近所の電器やさんでも20GB HDDの「Rio Karma」が14800円とかで
    売られてましたし、今後はさらに処分特価が相次ぐかも。

    MP3プレーヤーだけに限らないですけど、最近のこういった電子機器の場合、
    ハードウェア以上にソフトの出来が重要ということに、まだちゃんと気付いてない
    メーカーが多い気がしますね。
    iPodの成功なんか、まさにiTunesのおかげといって良い面もあるのではないかと。

    プレイステーションもそうだったのに、最近のSONYはPSPといい、MP3機器も
    いまいちそこがずれてるのはないか、とか考えさせられたニュースでした。

    Filed under: PC
    2005/08/27 3:29 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • birdwatcher Says:

    こんにちわ。突然失礼します。
    私の昔の友人に「マカーの伝道師」がいて(笑、
    彼が予言した事はここ数年現実になり、
    私も彼の影響を受けて、預言者もどきと化してます(笑
    彼が4年前、まだMac OS 9.1が主流の時代、iTunesなんてマカーしか使ってなかった時代に、
    「iTunesがWindowsに対応すれば、アップルは馬鹿売れするんだけどなー。」
    と言ったことが、今でも記憶に残ってます。

    さて、ここ数年のシリコンオーディオの進化は、
    確かに目を見張るものがありますが、
    やはり全ての面で「単一のソフトが持つ機能の豊富さや使いやすさ」においては、
    iTunesを超えるソフトウェアがないのが現状ですね。

    私の中で今回のrio撤退のニュースは、
    「虫食い林檎から飛び出した虫が他の林檎もどきを食い始めた」とたとえております(笑

    そして、皮肉にも
    「iTunes&iPodという巨人に押しつぶされたRioという悲しきパイオニア」
    「大衆が使っているiTunes&iPodに嫌気が差した」といった理由で、
    iTunes離れを起こして(少なくともジュークボックスとして)、
    Rio Karmaを中古で買ってしまいました。
    少なくともKarmaやRMM(Rio Music Manager)を使うようになってからは、
    手持ちのCD音源から圧縮して普段聴くオーディオフォーマットとして、
    ogg vorbisオンリーになってしまって、
    mp3やaacやatrac3やwmaとはおさらばという状態になり、
    まぁ今となっては、個人で満足できるものなら何でも(どんなフォーマットでも)良いのかなと。
    それよりも、「売れる物がどんどん進化して(iPod)、一部のユーザーが求めるような
    高機能な物(Karma)やブランド(Rio)が淘汰される時代」なんだなと一人思いふけってます。
    Karmaは良いのですが、RMMのジュークボックスの使い勝手の無さが、何とも泣けてきます。
    Rio DJというItunesでいうスマートプレイリストが、まだRMMの良さを保っている訳ですが。
    本当、ユーザーが求める完璧なブランド・商品って、ないんだなーと。
    次世代ゲーム機の3社の仕様を見ても、つくづく「資本主義社会の公平な競争」を
    感じる今日この頃です。

    「おたくではアレをオッケーにして、そのかわりうちではコレは妥協するから。」
    『それなら、いいでしょう。うちはアレを主力にしますから!』というような、
    メーカー同士の談合が行われているのが目に浮かびますね。

    長文で失礼しましたm(_ _)m

  • MacBS Says:

    birdwatcherさん、コメントありがとうございます。

    Rio Karma、先日、近所のお店で処分特価になってるのを見かけました。
    容量も多いし、高機能でサイズもデザインも良さそうなのに、惜しいですね。

    今は淘汰の時期ですけど、一般への普及がもっと進めば、高級機種とか、初心者向けなど、バリエーションがまた増え始める時も来るかもしれませんね。