• 033月

    だいぶ前に導入したIODATAのNAS、「HDL-GTR2.0」ですが、その後も快調に動いてくれています。
    たまにファームウェアアップデートなどもありますが、それ以外はほとんど手がかからないですし。

    RAID1+0で運用してるんですが、念のためのバックアップを取るべく、カートリッジを2つ追加購入しました。
    これを定期的に差し替えれば、外付けUSB HDDにバックアップするよりは多少安心で使い勝手も良いかなぁと。

    付属のマニュアルにはカートリッジ交換についての詳しい説明がなく、カートリッジにもそのあたりの説明は皆無でしたが、NASの電源を落とし、カートリッジ3,4を差し替えて再度起動したら、あとは全自動でした。
    起動後、RAIDの再構築が始まりますが、その時点でも一応、中身の読み書きはできるようです。

    念のため、夜間に実施しましたが、まずは3番目のカートリッジの再構築に約1時間、その後、また自動的に4番目の再構築が始まり、2時間後には全部終わってました。
    これだけ簡単だと気軽にバックアップできますが、まぁ3ヶ月に1回くらいやれば十分かな。
    NAS本体もカートリッジも安いとはいえませんが、光学メディアでのバックアップが現実的でない昨今としては、かなり安心感のあるバックアップ方法かと思ってます。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2011/03/03 9:00 am | NAS、カートリッジ交換 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.