• 1610月

    インテルが4GHz Pentiumの開発を断念するとの噂が。

    90nm製造プロセスになって、熱の問題がうまく解決できてないようでしたから、
    必然的な結果という印象もありますね。
    IBMのほうも最初は順調に見えたものの、やっぱり90nmでは苦労してるようですし、
    半導体の成長もそろそろ転換期なんでしょうか??

    今後は、キャッシュサイズの増強やデュアルコアなどで、性能向上を図るそうで。

    この点は、PowerPCも同様の展開になりそうですし、ソフトウェアも
    キャッシュを活かせるコンパイラや、マルチスレッドを有効活用した
    OSやソフトウェアが、これから重要になってくるかも。
    その観点からすると、Mac OS Xは一歩リードしてるかもしれませんね。

    Filed under: PC
    2004/10/16 12:08 am | 4GHz Pentiumの開発断念!? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.