• 1911月

    その昔、「VZ Editor」で一世を風靡したビレッジセンターが
    会社を解散するんだそうで。
    http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/11/18/21576.html

    「VZ Editor」はソースも添付されていて、アセンブラで書かれていたので
    当時は教材として参考にさせてもらったりしたものです。

    その後、Windowsになって、WZ Editorになりましたが、こちらは
    別会社に移管して継続開発・販売されるようです。


    ビレッジセンター WZ EDITOR 6 パッケージ版

    私はその後、秀丸エディタを経て、今はずっとDanaを愛用してます。

    キーカスタマイズが細かく出来て、コメント表示が多彩なものが
    好きなわけですが、最近はエディタソフトは目立たない時代になって
    しまったのかも。

    未だにHTMLはエディタの手打ちですし、自宅でのプログラミングは
    PCではまだまだエディタを使ってるので、今後も色んなエディタソフトが
    生き残って欲しいと思います。

    Filed under: PC
    2008/11/19 10:48 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    おお、ビレッジセンターも解散ですか。VZ-Editorは、今でもHP-200LXにて使用しています。

    そう言えば、「テグレット技術」の「斎子の書斎」も入っていますが、この会社もいつのまにか無くなってしまったようです。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    VZ-Editorにはコメント色づけ機能がないので、
    自分で常駐プログラムを作って色づけしたりしてました。

    テグレットですが、まだ残ってるみたいですよ。
    「直子の代筆」は私も愛用していました。