• 079月

    さだまさしさんがオリジナルニューアルバム「第二楽章」を9/10にリリースされるそうで。
    さださんっぽくない雰囲気のジャケットがなんとなく「ADVANTAGE」を思い出しますが、曲は以下のとおりで最近の雰囲気どおりのようです。

    1. 遠い夏 (シネマ・ヴァージョン)
    2. 夢の轍
    3. さくらほろほろ
    4. 茨の木
    5. 残春
    6. 十三夜
    7. 家路
    8. 豆腐が街にやって来る
    9. 死んだらあかん
    10. 君は歌うことが出来る
    11. 遠い夏 〜憧憬〜

    「夢の轍」は同名のアルバムもありましたが、あれにはこの曲名の楽曲はなかったんですよね。
    これはたしか橋幸夫さんへの提供曲だったと思いますし、茨の木は小林幸子さん、十三夜は鈴木雅之さんへの提供曲と、セルフカバーが多めです。
    映画に絡んだ曲も多いですけどね。
    ちなみに「君は歌うことが出来る」は編曲をアルフィーの高見沢さんがされているんだとか。

    そして9/5には小説「ラストレター」も出るとのことで、相変わらず活動的です。
    こちらは深夜ラジオにちなんだ内容になってるそうで、これまた、いずれ映画化されそうな内容ですね。
    最近は眠くて「生さだ」をあんまり観れてないんですけど、アルバムや小説はゆっくり好きな時に楽しめそうですから、ぜひ聴いて読んでみたいと思います。

    Filed under: Music
    2014/09/07 12:00 pm | 第二楽章 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.