• 105月

    DSC-W170」は、みんぽすさんからの借用品です。

    昨日は珍しくお土産を買って帰ったので、ちょうど手元にあった
    DSC-W170でマクロ撮影してみました。

    広角のままではちょっと画面全体にならない感じだったので、
    ちょい望遠(たぶん55mmくらい)にすると、程良く被写体が
    収められました。

    で、何も考えずにオートホワイトバランスで撮った写真がこちら。

    実画像サイズ 640 x 485 ( 75 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSC-W170
    ISO 感度 / 露出補正値 400 / -0.3
    露出時間/絞り 1/25 秒 / F 4.0
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 9.9 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    うーん、やっぱり蛍光灯下では、青みがかってしまうクセがある
    みたいです。

    液晶画面の表示でも大体分かるので、都度、ホワイトバランスを
    変更してあげれば良いわけですが、ちょっと面倒くさいですし、
    こういう被写体でなければ、シャッターチャンスを逃すことも
    ありますからね。

    ということで、ここはLightroomさんにお出ましいただくことにしました。

    Photoshop Lightroom 1 日本語版 MLP Retail Photoshop Lightroom 1 日本語版 MLP Retail

    by G-Tools

    LightroomやAperture、それにSILKYPIXなどは、RAWだけでなく、
    JPEGの編集もRAWと同じ感覚で出来ちゃうので、意外とこういう
    シーンでも、レタッチソフトより便利です。

    で、修正したのが下の写真です。

    実画像サイズ 640 x 485 ( 57 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSC-W170
    ISO 感度 / 露出補正値 400 / -0.3
    露出時間/絞り 1/25 秒 / F 4.0
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 9.9 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    ホワイトバランス以外は操作していませんが、それだけでずいぶん
    美味しそうな発色になりましたよね。

    各社でAWBの性能やクセにはバラツキがあるとは思いますが、
    いずれにせよ、万能ではありません。
    むしろ、補正しすぎないのは好感が持てるかもしれません。

    ただ、いざという時のために、こうしたツールを用意しておくと
    救える写真が増えるのではないでしょうか。

    関連エントリー:

    Filed under: Mono Fellows
    2008/05/10 10:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • rUi Says:

    こんばんは。
    私も蛍光灯の下で、他のカメラを被写体に写してみたところ
    青みがかった感じになりました。
    オートホワイトバランスだとしようがないみたいですね。

    JPEGの編集もRAWと同じように出来るとは、
    すごく便利ですねー。
    結構、気づいたときには青み付き…なんて写真が
    あったりしますので、むむむ───、
    これは早く手に入れねばっ!!です。(=ω=、)

  • MacBS Says:

    rUiさん、コメントありがとうございます。

    他のカメラでも多かれ少なかれ、青味がかるのは
    仕方がないでしょうね。
    ですので、私は室内ではほとんどRAWで撮影してます。

    JPEGをレタッチソフトで色味を変えようとすると
    結構複雑になって、何色をいじったら良いのか
    わかんなくなるんですよね。(^^;

    いずれのソフトも体験版がありますので、
    まずはそれで試してみるのが一番かと思います。
    それぞれソフトの指向が違いますしね。