• 155月

    DSC-W170」は、みんぽすさんからの借用品です。

    今回はDSC-W170をずっとモノクロモード、DROをデフォルトの
    「スタンダード」から「プラス」に設定して、持ち歩いてみました。

    で、まずは室内でモノクロらしく、古いカメラを撮ってみました。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 66 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSC-W170
    ISO 感度 / 露出補正値 400 / -0.3
    露出時間/絞り 1/5 秒 / F 4.0
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 9.9 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    マクロは相変わらず55mm相当くらいが撮りやすいです。
    ただ、その分、レンズも少し暗くなりますから、シャッタースピードは
    かなり遅くなります。
    上の写真は、アップロードしたサイズではわかりづらいですけれど、
    さすがにやや手ぶれが出ています。

    この点では、28mmでも今の10cmより近づけると、うれしいかも。

    実画像サイズ 640 x 485 ( 66 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSC-W170
    ISO 感度 / 露出補正値 100 / -0.3
    露出時間/絞り 1/80 秒 / F 3.3
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 5.0 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    次は、もう咲き始めた紫陽花です。
    まだ色づいていないので、モノクロがピッタリでした。

    DROがかなり効いていて、軟調な仕上がりになっているのが、
    被写体にマッチしていて、なかなかインテリジェンスなトーンを
    出してくれるなぁと思います。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 80 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSC-W170
    ISO 感度 / 露出補正値 100 / -0.3
    露出時間/絞り 1/160 秒 / F 3.3
    露出補正値 -0.3
    焦点距離 (35mm 換算) 5.0 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    最後はスナップショットで、街角のバイクを。
    こちらは逆に硬調な印象になりました。
    アンダーな補正が効いたのかもしれませんね。

    データ自体はカラーのJPEGとして保存されているので、モノトーンの
    色合いもコントロールされたグレー色になっていますね。
    これは個人的には賛成です。

    このままプリントしても、モノトーンの世界観がしっかり出せそうな
    仕上がりです。
    オマケというにはもったいないくらいですから、積極的に使って
    いけるモードだと感じました。

    Cybershot W170 (1010万画素/光学x5/レッド) Cybershot W170 (1010万画素/光学x5/レッド)

    by G-Tools

    Filed under: Mono Fellows
    2008/05/15 7:14 am | DSC-W170でモノクロ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.