• 2810月

    KODAWARISANより。

    Leopardはもちろん、PowerPCに対応してるんですけど、
    Mac OS 9時代のソフトを動作させる「Classic」は非対応だそうで。

    アップデートでインストールすると、Classic関連のファイルは
    そのまま残るけれど、そこには悲しい「アクセス禁止」マークが。(^^;

    まぁ、Intel Macは既にClassicに対応してないわけで、OSもそちらに
    移行しつつあるんでしょうね。
    この調子だと、次のバージョンではPowerPCにも対応しないかも
    しれませんねぇ。

    OSがDVDのみになっただけでも驚いた頃もありましたが、次回は
    Blu-rayとかだったりするのかも。(^^;

    私はすでにClassicは使っていませんが、まだ使ってるよー、という
    方は、Leopardを別パーティションにインストールしたほうが良いかも
    しれません。


    【送料無料】アップルコンピュータ MacOS X v10.5 Leopard

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2007/10/28 2:18 pm | LeopardでClassicは切り捨て はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.