• 184月

    Burst.comという会社が、iTunesやiPodで使われる技術が自社の
    特許を侵害しているとして、Appleを提訴したんだそうで。
    http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/04/18/11689.html

    気になったので、どんな特許なのか調べてみました。
    侵害しているとしているのは、米国特許の「4963995」と「5995705」、
    5057932」、そして、「5164839」です。

    TitleとAbstractしか見てませんが、どうやら「オーディオやビデオ信号の
    圧縮状態での転送」についての特許のようです。

    この会社、以前にMicrosoftとも似たような内容で提訴しており、
    このときは「Burstware」という配信システムの特許を侵害していると
    主張していたようです。

    このシステムは、サーバー/コンダクタ/プレーヤーという構成で、
    配信中にネットワークの状態に応じて配信状況を最適化する仕組みを
    持っているもののようです。

    ここから推測すると、「今の回線はADSLだから、このくらいのビットレートに
    しておこうか」などという可変ビットレートに関わる内容みたいですね。

    ただ、今回はプレスリリースを見ても、QuickTimeではなく、「iPodとiTunes」
    となっていて、そうなると、単純な「圧縮状態での転送」になりますよねぇ。

    まぁ、結局、はっきりしたことはわかりませんが、Appleは「その程度のものは
    特許として認められない」、すなわち、「既知の事実」であると主張するでしょう。
    私もAbstractを読む限り、効力は圧縮の手法が限定された範囲にしか
    およばないように感じますけれど…。

    特許を主張するのは権利ですから悪いことではないですけど、ある意味
    「公共の福祉に反する」ような主張は、できればやめてもらいたいものです。(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2006/04/18 8:16 pm | Burst.comがAppleを提訴 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.