• 182月

    抜群酒造というところで、20年以上も忘れられたままになっていた
    麦焼酎が見つかって、「流転の記」という名前で売り出されることに
    なったんだそうで。
    http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060217k0000m040018000c.html

    流転の記(るてんのき)限定古酒39度720ml
    流転の記(るてんのき)限定古酒39度720ml

    常圧蒸留製法で約5000リットルほど作ったものの、常圧蒸留は当時、
    原料臭が残るということで、あまり人気がなかったこともあって、市場に
    出さずにそのままになっていたようです。

    しかし、なにせ20年も寝かせてたんですから、原料臭どころか、素敵な
    味わいに育っていそうですよね。

    いやぁ、こういうのを聞くと、飲みたくなりますよねー。
    とか言いつつ、今日も「美少年」で晩酌をしたのでありました。(爆)

    Filed under: Food
    2006/02/18 8:32 pm | 流転の記 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.