• 153月

    先日ゲットしたRetina 1aですが、前回のエントリでも書いたとおり、ちょっとしたオマケが付いていたんです。
    それがこの説明書です。

    コピーではなくオリジナルのようですし、破れもなく、今回は付いてない革カバー、それにシンクロコンパーの薄い附属書もついています。

    中はこんな感じのきれいなカラーで、1950年代のカメラに付属してたものとは思えないですね。
    そして、これに載っていたスポーツファインダーを見て「そうだ!これ、持ってた!」と思い出して引っ張り出して装着してみたのが、これ。

    アクセサリシューがちょっとオフセットされた位置にあるので、他のカメラだとちょっと不便なんですが、さすが純正だけに、レチナでの相性はなかなかです。
    Retina 1aのコンパクトさはやや損なわれますが、パララックスも補正できるようになっていて、本体の小さなファインダーよりはだいぶ良いかも。
    ぜひいっしょに持ち歩いてみたいと思っています。

    Filed under: FilmPhoto
    2011/03/15 9:00 am | Retinaのオマケ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.