• 315月

    先日ゲットしたミノルタのフィルムスキャナ「DiMAGE SCAN Dual III」
    ですが、もう少し設定を詰めて、好みの感じに仕上がるように
    工夫してみました。

    気になってたのは、どうもマゼンタに転びやすい点と、ちょっと
    ハイキーな画像になって黒浮きが目立つところでした。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 41 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    それを調整したのが上の写真です。
    下に以前のCanonのものを貼ってみますが、だいぶ雰囲気は
    近づいたと思います。

    実画像サイズ 407 x 640 ( 35 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    これでもまだ暗部はややマゼンタっぽい気もしますけどね。
    αSweet Digitalもこの傾向があったので、これはミノルタの画作り
    なのかもしれません。

    あと、蛍光灯下だと、どうしても緑っぽくなってしまって、ここは
    AWBが効きづらい点も気になりました。
    そんな蛍光灯下で、さらに黒浮きも目立ちやすい画像でも、
    かなりそれっぽく調整できました。

    実画像サイズ 640 x 438 ( 44 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    以前のCanonと比べても、だいぶ印象が近づいたかと。

    実画像サイズ 640 x 402 ( 36 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    Canonが正解というわけではないんですが、自分でコントロール
    できるようにしておけば、これからは安心してフィルムスキャンは
    DiMAGE SCANに任せられますからね。

    作業フローもフィルム2本ほど練習したら、だいぶ馴染んできたので
    次回以降はもう大丈夫かなぁと思っています。

    Filed under: FilmPhoto
    2008/05/31 10:52 pm | DiMAGE SCAN、もうちょい調整 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.