• 2711月

    だいぶ前にゲットしたCONTAXの一眼レフ「167MT」で試し撮りを
    してきました。


    《中古良上品》CONTAX 167MT 

    店頭ではシャッターすら切れませんでしたが、フィルム蓋のロックレバーを
    グリグリとすると、接点が復活して、動き出しました。
    まぁ、さらにシャッター幕もジャムってましたから、それも後で治しました。

    レンズはこのところ続けてゲットしたYASHICAのMLレンズを使いました。
    まずはML 28mm F2.8です。


    《中古並品》YASHICA ML 28mm F2.8

    実画像サイズ 640 x 438 ( 80 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    絞りは開放ですが、なかなかしっかりした写りです。
    見た目は傷んでますが、Distagon 28mmにも負けないですね。
    このレンズはお気に入りになりそうです。

    ML 50mm F1.7も使いましたが、こちらもなかなかです。


    《中古並品》YASHICA ML 50mm F1.7

    実画像サイズ 435 x 640 ( 71 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    Carl Zeissよりは少し地味ですが、外れはない感じです。
    同じMLにはF1.4やF1.2もあるみたいで、それも試してみたいなぁ。

    実画像サイズ 640 x 438 ( 54 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    あとはSonnar 85mm F2.8を使いました。
    このレンズはやっぱりCarl Zeissだけに、発色が良い感じです。
    扱いやすい大きさだし、個人的にはかなり気に入ってます。

    カメラのほうは途中、接点不良が一度再発しましたが、あとはOK。
    使いやすいサイズのボディですが、次回はAXを使いたいですね。
    まだまだフィルムで楽しむ意義を感じるCONTAXでした。

    Filed under: FilmPhoto
    2008/11/27 9:46 pm | 167MT、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.