• 1810月

    先日の別府行きでヤシカとともに、もうひとつ面白いものを見つけてきました。
    コニカのフィルムピッカー「KONICA FILM PICKER 4」です。

    以前からフィルムピッカーが欲しいと思ってたんですが、意外と高いので躊躇していたんですよね。
    そもそも何のために使うのか分からない方も多いかもしれません。
    巻きとってしまったフィルムの「ベロ」を再び取り出すために使う道具です。
    自家現像をするにはほぼ必須ですし、AFカメラで別カメラへの途中詰め替えをしたい場合にも便利です。

    今回のはコニカブランドですが、現行のハクバのものとほとんど同じもののようです。
    使い方は本体の裏面にちょっとだけ書いてありますが、ほぼ間違いなくこれだけではうまくいきません。
    以前、仕事がらみの研修で使ったことはあったんですが、それでも最初は全然できませんでした。
    ってことで、Webで調べると親切なことに動画で解説してくれてる方がいらっしゃるんですね。

    ってことで、ほぼ確実にベロ出しできるようになりました。
    そんなにいつも使うものではありませんが、いずれ自家現像も可能なように少しずつ道具を揃えていければと思います。

    Filed under: FilmPhoto
    2010/10/18 8:34 pm | 7 Comments

7 Responses

WP_Lime_Slice
  • straysheep Says:

    フィルムピッカー、hamaの製品を持ってます。モノクロを100ft.巻で買って、パトロネ詰め(パトロネもhamaのプラ製)やって自家現像もやっていた頃は重宝しました。
    hamaのフィルムピッカーは割合簡単にベロを引き出せるのですが、携帯性を無視した造りなので自宅でしか使ったことありません。

  • straysheep Says:

    調べてみたらまだ現行品みたいですね、hamaのフィルムピッカー...。

    http://www.signonline.co.jp/online/detail/1-10075000-11203009150000.html

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    慣れるとダークバッグのみで処理される方もいらっしゃるらしいですね。
    hamaのはカッコいいしお値段も安めですね。

  • SKY ONE Says:

    私も同じ物使ってます
    オクで入手しました

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    お使いということは自家現像もされてます?
    うちでは当面、フィルム交換時と動作確認用で使うくらいかなぁ。

  • SKY ONE Says:

    まだ廃液処理をどうして良いか判らないので、やってません
    ピッカーは、フィルム入れないと巻き上げテストが出来ない機体で
    使ったフィルムのベロ出しです

  • MacBS Says:

    SKY ONEさん、コメントありがとうございます。

    廃液の処理は問題ですよねぇ。
    希釈して下水にというのが通常みたいですね。
    フロンティアのレンタルをしてくれるショップが近所にあるようなので、一度試してみようかなぁ。