• 224月

    オリンパスの高級コンデジ「XZ-1」のファームウェアが1.2に更新されたようで。

    どんな機能拡張なんだろう?と思ったら、縦横方向記録が追加されたんだとか。
    なんだか最初からあってもおかしくない機能ですねぇ。
    そもそも物理的なセンサーは中に入ってるわけでしょうし…。
    再生時にコントロールリングで画像の向きを回転できるのは便利そうですけどね。

    あと、ファームウェアのアップデートには「デジタルカメラアップデーター」を使うんだとか。
    以前のOLYMPUS Masterよりは使いやすいでしょうけど、相変わらずパソコンとつなぐやり方なんですね。

    なんだかイマイチな感想になってますが、XZ-1自体はとても気になっています。
    所有されていらっしゃるブロガーさんの写真を拝見しても、かなり良い感じなんですよね。
    大きさを考えるとGF1とそれほど変わらないのかもしれませんけど、オリンパスの本気が詰まってる気がします。
    それだけにバグ修正みたいな変更だけでなく、地道な機能アップをしてロングセラーにしてほしいところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/04/22 9:00 am | XZ-1のファームウェア はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.