• 073月

    PENTAXが開発中だった中判デジタル一眼レフ「645 Digital」(仮称)が
    「諸般の事情」により開発が一時中断されるそうで。

    PMAで展示されていた個体は、実写も可能だったようで、かなり
    良い仕上がりだったらしいですから、技術的な問題ではなく、
    経営上の判断なのでしょうね。

    一応、「開発中止」というわけではなく、あくまでも市場動向を判断
    するための「中断」みたいですが、出てくる可能性は、かなり低いと
    言えるかも。

    ちなみに、フィルムの中判カメラは継続販売されるそうですが、
    これはほんとにぜひ末永くお願いしたいところです。
    でないと、もう中判の一眼レフを作ってるメーカーがほとんど
    なくなってしまっていますからねぇ。


    《新品》PENTAX 645NII

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/03/07 6:28 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    ども、お早うございます。

    K20Dに搭載されたサムスン製の高性能CMOS撮像素子を搭載して
    発売してほしいです。SSDとeSATAインターフェイスを搭載するのか?
    等と、勝手に皮算用していますよ。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    現状はKodakのCCDみたいですから、そこも変更
    したいのかもしれませんね。
    ともかく、他社のAPS一眼レフに負けずに製品開発
    していくのが先決と見たのでしょうね。

    中判だとデータ量も多いので、HDD内蔵は良いアイデアかも
    しれません。
    あと、無線LAN対応などもすると良いでしょうし。

    カメラ部門の利益がしっかり出せれば、中判の開発も
    また順調に再スタートが切れるのでしょうけれど。
    開発陣の方々には、声援を送りたい気分です。