• 2710月

    Photo of the Day」さんより。

    ついに発売となったソニーのフルサイズデジタル一眼「α900」ですが、
    個人的に注目しているのはフルサイズで初の本体内手ぶれ補正です。


    【送料無料!】《新品》SONY(ソニー) α900ボディ DSLR-A900

    フルサイズセンサーは、その名の通り、でっかいですから、これを
    高速で動かすのは、かなり開発陣の方々のご苦労があったようです。

    ただ、そのおかげもあって、なかなかの性能を実現し、さらに古い
    レンズも含め、撮影画面がイメージサークルからケラレることも
    ないと言って良いようです。

    本来なら、高性能な最新のCarl Zeissレンズと組み合わせたいところ
    でしょうが、これまでのレンズ資産が活かせるαとしては、ミノルタ時代の
    レンズなども使えれば、それに越したことはないですからね。
    中古でゲットするにしても、格段にお安くなってますし。


    【中古品】ミノルタ AF 50/2.8 マクロ

    個人的にも将来のフルサイズ普及を考えて、APS-Cのレンズは
    ゲットしないようにしています。
    そんな古いレンズでも手ぶれ補正が活かせるというのは、とても
    魅力的かと。

    NikonのD300にしろ、αにしろ、古いレンズが活かせるカメラ、というのが
    どうも私の触手が伸びるデジタル一眼みたいです。
    まぁ、α900はまだまだ夢の高級機で、とても手が出せませんけどね。(^^;

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/10/27 8:51 pm | α900は手ぶれ補正でケラレなし はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.